横浜市旭区新築工事 見本板作成

こんにちは。部長の熊木です。
本日は横浜市旭区の新築工事における塗装の見本板をつくることになりました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

普通色見本は各メーカーさんに作成依頼をかけて送ってもらうのが一般的ですが今回は特殊な経緯で、弊社にて自作で作ることとなりました。

神奈川県横浜市の新築工事の物件にて、“メーカーから送られてきた色とは別にもう一色色見本がほしい、急ぎで。“と一本の電話が入りました。そこで、すぐにメーカーに問い合わせて見たところ、正規の工法では作成に時間がかかり、ほしい日までに間に合わないと回答されました。

それでは困ってしまうので依頼されてきた方にメーカーとの話を伝え、打ち合わせたところ”質感は別にいいのでA4判の大きく色の感じがわかれば構わない“ということでした。そこで塗料メーカーに頼み、見本板の作成をする分のみサンプルとして材料を特別に出荷して頂くこととなりました。

送られてきた見本用の材料は非常に少なくそれこそA4判にぎりぎり作れる程度の塗料しか来ませんでした。これが塗り物であれば多すぎるくらいなのですが、今回は石目調の吹付け材であるためほんとに吹けるのか心配になる量でした。メーカーの弊社担当者さんに確認とると“全然足りる量ですよ”と、軽くいなされてしまいました。確かに理論値からすると足りますよ。でも“吹付ける“ということはそれだけ周りにも飛散するし、ガン器の中にもある程度材料が残っていないときっちりと塗料は出てこないものなので…

下吹き前

まぁうだうだ言っても始まらないので嫌な予感がしつつも始めることとしました。

まずは下吹きから、下吹きは石目調の塗料を吹いた後養生している部分を剥がすとタイルの目地として出てくる部分になります。そしてこの塗料はあまり使わないのですが大量に送られてきていました。
取り合えず吹いてみると、やってしまいました。吹きすぎによる吹き溜まり、塗料のズレなど到底寛容できない施工ミスを起こしました。こんな感じです。

下吹き

吹いた後、すぐにヘラでそぎ取り、空気圧の調整と吹付の塗料が出てくる口径を1段階小さくして吹きなおしました、その後乾いた状態で少し色ムラがあったので全体をローラーで塗り直しをします。ムラを直し終えて乾いた後に今度は養生をしていきます。

目地テープ

目地を残すための2重のテープを縦・横に貼っていきます。一段目のテープは薄紙で2段目は発砲ウレタンでできているため、分厚くなっています。これは石調塗料を吹付けたときに厚みが出てきますので目地テープが埋まらないようにするためです。

目地テープ剥がし

石調塗料を吹き付けたらすぐに一段目のテープを剥がします。本来はこの後にもう一度吹くのですが・・・不安的中です。材料がもう一度吹くには足らない・・・(全体をしっかりと均一に一度吹くことすら難しかったです。)
まあ色はしっかりついており、先方様のご意向には添えるので、今回はこのまま仕上げとさせて頂きました。

目地テープ剥がし2
完成近写

本来はもっと重厚感があるのですが…

完成

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。

横浜市鶴見区 床塗装工事 

こんにちは。部長の熊木です。
本日は神奈川県横浜市鶴見区にある某コンビニの倉庫の床を塗装してまいりました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

素地調整
素地調整完了

まずは、床のゴミやモルタルのカス等塗る面に付いている余計なものを掃除したり、削ったりしていきます。

養生剥がし

新規で床の施工を行っているので土間屋さんが排水マスに養生をしてからモルタルを塗っているので、養生の撤去を行います。
“養生させているのならそのまま塗って最後に剥がせばいいんじゃないか“と思われるかたもいらっしゃると思いますが、土間屋さんの養生はあくまでもモルタルがマスに付かないための養生であって私どもはモルタルを塗るための養生を行わなくてはなりません。

例えば塗料を塗った後に、土間屋さんの養生を取ると養生の上にくっ付いていたモルタルと塗料が剥がれます。そうするとモルタルの断面が出てきてしまい、塗装されていないモルタル面が数ミクロン程度ですが出てきてしまいます。
あまり目立ちはしませんがそのモルタルの断面まで塗装をかけなければせっかくの塗装もその断面から水が入って剥がれてきてしまうこともあります。特に排水マスですから基本的に水がよく溜まる場所であるため、より剥がれてくる可能性が高いといえます。

“養生がされてるから養生する手間が減ってよかったー“とか、”土間屋が忘れてったんだから俺には関係ないしそのまま塗ってしまおう“なんていうペンキ屋さんは少なからずいます。しかし塗料をなぜ塗るのか。どうしてこの塗料を選定しているのかを考えて仕事を行えば、土間屋さんの養生のまま塗装することは絶対にありえないことだとわかります。ここまで気が使えてこそ職人だと思っています。

下塗り
下塗り完了

中塗り

下地調整が終われば後は簡単な作業です。下塗り(プライマー)を塗って乾いたら中塗りを塗って乾いたら上塗りを塗っていくだけの流れ作業。実際気を使うことといえば塗料の配合比率と撹拌作業くらいですかね。養生と下地調整を完璧に行えば難しい作業はほとんどありません。

上塗り
完了

もしあげるとすれば上塗りを養生廻りからローラー1本分くらい先に塗っておいて適した時間で養生を剥がすくらいですね。

塗って完全に乾いた後に養生を剥がすとガムテープに付いてきた塗料がパラパラと剥がれ落ちて塗装面の床に落ちることがあります。そうすると落ちたゴミをとってまた、タッチアップが必要になってしまうので注意が必要です。また、全然乾いていないときに剥がすとせっかく養生して綺麗な線が出ているのに塗った塗料が染み込んできたりしてしまうのでこれもよくはありません。

それでも養生を剥がすタイミングなどはそう誤る職人は少ないと思います。なぜなら直接仕上がり感につながってくるため失敗したら最悪はやり直したりすることになるからです。

最後の養生剥がしは誰がみてもわかる失敗なのです。
逆に今日私が最初の頃に行った、土間屋さんの養生を剥がすといったことは一見、やらなくてもよいような行為ですが、とても重要なことであるといった認識の違い一つでやる人とやらない人に分かれるものです。
今回はこんな言葉で締めたいと思います。

“失敗と認識されない失敗は非常に怖いもの”

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績のある池田興商までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 事務所兼倉庫改修工事 錆止め塗装

こんにちは。部長の熊木です。
今回の物件は神奈川県横浜市戸塚区にある事務所兼倉庫の改修工事で屋根塗装、外壁塗装、その他鉄部塗装、サイディング壁シーリング工事といった改修物件です。
本日は屋根と軒天換気口の錆止め塗装を行ってまいりました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

錆止め
錆止め

上記写真は、ケレンをかけた後に錆止めを塗っているところです。折板屋根という金属製の屋根材で葺かれており、天井は塗装を行わないため、塗装部分との取り合い部は、すべて刷毛によるダメ込み(各素材の境界になる部分を塗り込むこと)行いました。
また取合う部分に断熱材が施工してあるため、テープを使った養生も行えないため、山形にきっちりと(塗らない所には付着させずに塗装部分にのみ施工する)ダメ込まなければならないため、今日の作業時間はほとんど使ってしましました。

軒天との取り合いのダメ込みが終わった、その後は下屋根の錆止めを行いました。こちらは外壁との取り合いがあるのですが、外壁は錆止めの後に塗装を掛けますので外壁まで錆止めを塗り込んでしまいます。
外壁と屋根は材質が違うので“そこもしっかりダメ込んでしまったほうがいいのでは?”と、思われる方もいるでしょうが屋根材が外壁に食い込んでいましたので、できる限り錆止めを外壁側にも染み込ませて錆止めの効果範囲を拡げる狙いと外壁を塗る際、テープ養生にてしっかりと見切りをつければ、錆止めの塗料が見えなくなるため、むしろ外壁まで塗り込んだほうがよいと判断をしました。もちろん一概にその方がよいとは言いません。

材料同士の相性等もあり誤った判断を行えばせっかく綺麗に塗っても後々不具合が発生することがありますので注意が必要です。
私の場合は経験と材料の知識、また材料メーカーの方と以前より密に打ち合わせを行ってこその判断ですのであしからず。
本日の作業はここまでとなりました。では、この続きはまた後日ということで、お疲れ様でした!

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績のある池田興商までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 某ビル コンクリート打ちっ放し模様塗装工事

こんばんは 社員の羽切です。
本日は、横浜市戸塚区の新築工事現場の駐車場の壁にてコンクリート打放し模様仕上げ(外壁塗装および特殊塗装)を行いました。この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
早速ですが、基層塗り(下塗り)の上からコンクリートの模様を付けていきます。

基層塗り前
基層塗り

この模様付けはバランスが非常に難しく、模様を付け過ぎても少な過ぎてもいけない為、熟練の技を持つ当社自慢の大ベテラン谷岡さんに施工して頂きました!(^^)!

施工写真

弊社では新築工事も行ってます。今の塗装業者の主流は改修(塗替え)工事専門ですが...全ての業者さんがそうとは言いませんが、改修(塗替え)専門で営んでいる方々は正直、技術力・知識量が低いです。(もちろん改修専門でやっている方でも、かなりの技術と知識力を持っている方もたくさんいます)それは業界内では良く言われることなのですが、新築工事をやっている業者は改修工事も手掛けられますが、改修工事しかやっていない業者は新築を施工する技術力が足りなくて出来ないんです。

さあ明日も引き続き頑張ってお仕事をしていきます(^◇^)

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績もあります当社までご連絡下さい。

公共工事の外壁塗装アドバイザー

こんにちは。部長の熊木です。
今日は神奈川県横浜市にある浄水場施設の施設担当員さんから外壁改修工事の相談を受けたので行ってまいりました。
この度は神奈川、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商にお声がけ頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
以前浄水場内の塗装工事を請け負ったことがきっかけとなり、今回工事の仕様を決めるためのアドバイスをすることとなりました。建物の現状を見て工事を行ったあと問題がないようにしっかりと仕様を組んでいきます。
ただしこれは公共工事として施工されるため、実際工事を請け負うには入札に参加して落札しなければならないんですけどね。

早速、現場を見させて頂いたのですが、外壁がすごいことに!
前回の改修の施工が25年ほど前ということで日当たりのよい面は塗膜の白化が進みに進んでほぼ真っ白のところもありました(元は鮮やかなスカイブルーだったようです)。また、水が塗膜の裏側にまわってボコボコと膨らんでいました。
塗膜が膨らんでしまうのは塗膜に弾力があるためです(よく伸びる)。弾性の塗料には建物が地震などで動いたときにもヒビが塗膜の表面に出ないで建物を漏水などから守ってくれる役割があります(防水性)。しかし何らかの原因により裏面から水がまわってしまうと高い防水性によりどんどんと水が溜まり膨らんでしまう…のではなく溜まった水が水蒸気になって膨らんでしまうのです。水から水蒸気になると体積が約1000倍になり、その力は非常に強いため膨らんでしまうのです。

こちらは建物の屋上の写真です。この建物は大きな貯水槽のようなもののようでした。
その屋上の床には何か下から押し上げてきたように大きな膨らみがありました。
その膨らみの横には膨らんでもう破裂してしまったような跡が…これは爆裂と言って(見たまんまですね)内部の鉄筋がなんらかの影響でサビが大きくなりコンクリートを押し上げて最後にはコンクリートがとれて鉄筋が露出してしまうものです。
他にも外壁や床にクラック(ひび割れ)が多数入っていました。
うん、これは確かに相談しないと仕様が決まらないのも分かりました。現場を見終わって、その後は入念な打ち合わせによって仕様を決めてきました。残念ながらどういった仕様なのかは書けないのですが…
まぁ頼られるのはうれしい限りですね。

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 Mビル大規模修繕工事

こんにちは。代表の池田です。
昨年の夏に横浜市戸塚区M様よりテナントビルの外壁塗装をお願いしたいとお話を頂き、諸事情があり、昨年は施工には至らず、この度無事に着工致しました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
新しくテナントに、お店がご出店されるとのことで、新たに看板を設置される前に、設置部分の隠れてしまう外壁を先に塗装工事を行うことになりました。
今回は外壁(施工箇所)にひび割れが、かなりあったので弾性エポキシ樹脂の注入を行いました。

外壁塗装

弊社では、国家資格でもある樹脂注入技能士の資格を持つ施工者にて施工いたしますので安心ですよ。ひび割れの補修は是非池田興商にお任せください。

今回は足場もなく新規テナント様の内部工事の関係にて高圧水洗浄にて外壁の洗浄が出来なかったので、手洗いにて外壁の洗浄を致しました。

上の写真にて、手についている茶色のものは、既存塗装面が劣化し、色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって顕われる状態で、塗替えサインとよく言います。

こんな感じで、ブラシを使いながら、擦り洗いと拭き取りを行っていきます。洗った所と洗ってないところで色が違います。外壁の黒っぽくなっているところが洗浄後部分です。
このチョーキングを除去してあげなければ、塗料が、しっかりと付着せず。剥がれの原因につながります。

拭き取りを行った布巾を絞ったものです。どれだけチョーキングの粉状のものが外壁に付着していたのか分かります。

洗浄も終わり、ようやく塗装作業です。外壁に下塗り(シーラー)塗装を行い、上塗りを2回行い、施工完了です。

横浜市戸塚区 Yビル内装工事

こんばんは。部長の熊木です。
本日は神奈川県横浜市戸塚区にあるYビル様の内装壁の改修工事を行ってまいりました。
とは言っても本日は壁紙の剥がしがメインで塗装まで全然いってないんですけどね。
この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商にお声かけ頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
さて本日は下地調整からスタートです。

壁紙が剥がれてます。今回の工事を行う経緯として壁紙にカビが生えたり、湿気が溜まって剥がれてきてしまったので何とかしたいということでした。最近の塗料で壁紙の上から塗ることも可能なものが出てきていますが、あくまでも健全な下地であれば塗れるもので、今回のようにカビが生えたりすることは明らかに要因があるため、安直に壁紙の上から塗ってしまうことは絶対におやめ下さい。綺麗になるのは一時的なもので同じ問題が再発する可能性が大きいです。費用はより掛かってしまいますがしっかり調査を行い、最適な仕様の選定をすれば結果として問題のない施工ができます。後になって後悔する結果になることも多いのでご注意下さい!

話がそれてしまいました。本日の作業!壁紙剥がし!始めのうちは元々浮いていた壁紙が簡単に剥がれて楽しく行ってました。しかし剥がしていくうちにだんだんまだしっかりとくっついている箇所が増えてきて・・・剥がれない!!全然剥がれない!!!!そこからはちまちまと剥がしていく作業がつらかった~

大まかに壁紙を剥がしたら、噴霧器で水を掛けてふやかしてから一番取れにくい薄紙をスクレイパーで丁寧に落としていくにですが、それでも進まない!もう背中に哀愁が漂ってますね。
薄紙も綺麗に剥がしてようやく下地が出てきました。長かったな~疲れたー。

壁紙の剥がし完了しました(部屋の半分ですけど)。しかしまぁカビが発生していた箇所や壁紙が既に浮いていた箇所の下地には出てきました。クラック(ひび割れ)です。
このクラックの処理も同時に進めて行きますよ~

クラックが深い為表面だけでなく中までしっかり補修材を充填しないといけないためクラックの処理には弾性エポキシ樹脂の注入を行います。Uカットシールの代替として最近はよく使われている工法です。
工具にて補修材を押し出しながらゆっくりとクラックに沿って動かしていきます。

完了となります。本日の作業はここまででした。なかなか進まないので正直非常にきついです。ローラー塗りとかの感覚だと今日の仕事は全然進んでないように感じてしまいます。
“ペース遅いのでは?”と感じてしまうのですが、この下地調整が非常に大切な工程であるため“きっちりと。正確に。もれのないように。“行うためどうしても進みが遅くなってしまいます。見た目だけ整えてさっと終わらすことも可能なのですがほぼ必ず不具合が起きます。正規の手段とは仕上がり感も塗料の効果も変わってきてしまいます。
下地処理は大切な工程であるのに最終的にはお客様には見えなくなってしまうので手を抜く同業社の話も聞きます。そういった施工をされた物件の後処理を行うこともあります。なので、最後にもう一度だけ。
下地調整は非常に大切です!今日の自分よく頑張った!!

最近、〇〇〇診断士という資格を謳っていらっしゃる方を拝見する機会がありますが、数時間の講習で発行される、本当に誰でも取得できるものですので騙されないで下さい。
ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。

川崎市多摩区 個人邸 現地調査

こんにちは。代表の池田です。
本日は川崎市多摩区の個人様邸に現地調査に行って来ました。

神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商にお声かけ頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます

弊社では必ず現地にて、実際に建物を拝見させて頂きます。なぜかというと新築時の図面と完成している建物が違ったり、道路幅や近隣様との距離など、施工をさせて頂ける際にトラブルのないよう、しっかりと把握する必要があると考えているからです。
今回のお宅は、1階部分の外壁がサイディング、2階・3階部分がリシン仕上げの外壁というなかなか珍しい形でした。サイディングとリシン仕上げ部分とでは、塗料の選定が違う場合もありますので別々に㎡数の計算をします。
また弊社では、本当のプロ(国家資格:1級塗装技能士・1級建築施工管理技士・樹脂注入技能士をトリプルで取得している)者による正確な診断、それによる御見積もりを無料にてご提案をさせて頂いております。
最近、○○〇診断士という資格を謳っていらっしゃる方を拝見する機会がありますが、数時間の講習で発行される、本当に誰でも取得できるものですので騙されないで下さい。
ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。