横浜市戸塚区 新築マンション ライン塗装工事

こんにちは社員の羽切です。

本日は、横浜市戸塚区にて某ビルの敷地境界線のライン塗装を行わせて頂きました。

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

施工前写真
施工前写真

今回はこちらのガムテープで区画した中を砂埃やゴミなどが残らないように入念に掃き掃除を行ってから、ライン引き専用の塗料を塗布していきます。外壁や屋根専用だけではなく、こういった道路標識専用の塗料も存在しています。

施工完了

施工完了

これで境界線がはっきりと分かるようになりました(*^^)v

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 鉄部配管塗装工事

こんにちは社員の羽切です
本日は横浜市戸塚区にてマンション鉄部配管塗装の御依頼を頂きました。

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
施工前
今回は新しく交換された鉄部配管部分のみ部分塗装になります。
まずはケレンを行い、下塗り(錆止め)塗装を行います。

ケレン

錆止めの塗布まで完了したところで、乾燥するまでの間に上塗りで使用する材料を調色します。
調色
今回は既存合わせという事で(白・黒・赤・黄)の4原色を使用し既存部分とピッタリ色が合
う様に作り仕上げました。

ここで突然ですが良い業者の選び方をお教えします!!(あくまで数ある優良業者見極め方法のひとつです)ズバリ!!その業者が調色を普段の仕事で行っているかどうかです!!それを行っているということは、高い技術力があると捉えていいと思います。外壁塗装、屋根塗装などを、どこの会社に頼んで良いのか分らないなど悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

では、調色した塗料を塗布していきます。

中塗り
上塗り


バッチリ調色することが出来ました*^^)これにて施工完了です。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市鶴見区 某会社様社宅 鉄部塗装工事

こんにちは社員の羽切です

本日は横浜市鶴見区にてPS扉の塗替え工事のご依頼を頂きました。
この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

前回の塗替え工事の際どのように施工したのか分かりませんが、恐らく下地処理等何もせずにただ表面を塗ったのかなと思うくらい密着していません。はっきり言ってひどい状態です(*_*;

まずはすでに剝がれている塗膜を撤去していきます。

密着が悪いため箒で掃いただけでだいぶ取れました!!まだ密着していない塗膜があるはずなので研磨剤を使用して塗膜の撤去と下地の目荒らしを行っていきます。この下地の目荒らしを行うことによって塗膜の密着性を高めます。

さて、両面の下地調整が完了したところで上塗りの色を調色していきます。


既存塗膜に合わせて色を作って欲しいとの御依頼だったため[白・赤・黒・黄]の4色で既存塗膜と同じ色を作ります。
この調色作業ですが、最近では自分達では調色せずにメーカーから近似色を取ってしまう業者が多く調色が出来ない塗装職人が増えてきているようです。これからの塗装業界のことを考えると悲しくなります。

ここで突然ですが良い業者の選び方をお教えします!!(あくまで数ある優良業者見極め方法のひとつです)ズバリ!!その業者が調色を普段の仕事で行っているかどうかです!!それを行っているということは、高い技術力があると捉えていいと思います。外壁塗装、屋根塗装などを、どこの会社に頼んで良いのか分らないなど悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

では話を戻します(゚∀゚)
今回施工を行った鉄部ですが、錆の発生が全く無かったため錆止めを塗布していませんが、万が一錆が発生することを考え上塗りの主剤に防錆型の硬化剤を添加し塗装を行いました。

最初、現物を見たときは唖然としましたが何とか綺麗に収まりました(*^^)v

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

大規模な工事です(横浜市戸塚区 某企業様事務所 大規模修繕工事)高圧水洗浄

こんにちは。部長の熊木です。
本日から神奈川県横浜市戸塚区にある会社様の事務所棟の大規模修繕(外壁改修)に入ります。
この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

本日の作業は高圧水洗浄です。簡単に言えば外壁とか樋、天井を塗るために汚れを落としてキレイな下地を出す作業です。
施工前

なぜ高圧なのかは外壁についている簡単なホコリや汚れはさっと洗えば落ちるのですが、カビやコケ等はなかなか落ちないので、強い力でこそぎ落します。

高圧水洗浄
先端から出ている水の圧力はおよそ15MPAです。かなり強い力で間違えて手や足に打ってしまうとかなり痛いです(至近距離から当たると肌が切れたりもします)。注意が必要です。適切な距離で洗浄していけば、どんどん汚れは落ちていきます。
高圧水洗浄完了
配管の部分を見て下さい。きれいにコケが落ちてます。
逆に壁のところはまだ縦にコケが生えています。いけませんね。この後しっかり洗ってきれいに落としてこの日は終了となりました。一日では全体の半分ほど洗えただけでした。また、後日残りは洗っていきます。
それでは本日もお疲れさまでした。
ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 某バイクショップ 新築工事 下地調整(内装塗装)

こんにちは社員の羽切です
本日は、横浜市戸塚区にて某バイクショップの新築工事現場で作業を行ってきました。

この度は、奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

さて、本日の作業内容は新規ボード面のビス頭及び目地部分にパテをかい平滑に均していく作業です。

このパテかい作業ですが、簡単そうに見えて実はかなりの技術力が必要です(;’∀’)

ここで突然ですが良い業者の選び方をお教えします!!(あくまで数ある優良業者見極め方法のひとつです)

ズバリ!!その業者が「パテかい」を普段の仕事で行っているかどうかです!!

最近ではパテをかえる職人が減ってきています。それを行っているということは、高い技術力があると捉えていいと思います。実際に新築を施工しているからこそ改修工事が分かることもあります。外壁塗装、屋根塗装などを、どこの会社に頼んで良いのか分らないなど悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

脱線してしましました。それでは、なぜ難しいをご説明させて頂きます。断面図にするとこんな感じです☟

※黄色い線がパテです。

上記のようにボードとパテに段差ができるのですが、この段差が残っていると後に仕上げ塗装を行った際にパテをかった部分だけ浮き上がってきてしまい非常に美観を損ねます。

パテをかう際はこの段差をいかに無くすかが職人の腕の見せ所です(*^^)v
まだまだ作業途中ですが、これからどんどん綺麗に仕上がっていく様子を上げていきますので宜しくお願い致しますm(__)m

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績のある当社までご連絡下さい。

横浜市青葉区 老人ホーム3年点検手直し工事(外壁塗装、漏水)

こんにちは社員の羽切です(*^^)v

この度は、神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

本日は、横浜市青葉区の老人ホームにて3年点検を行ったところ躯体にクラックが入り外壁から漏水しているとの知らせを受け、止水工事を行ってきました。
外壁のクラックは建物が動くため起こります。窓や玄関などの開口部廻りには特にクラックが発生しやすいです。

施工前写真
養生写真

すでに漏水箇所には塗布防水(写真の黒い箇所)を施工してあります。まずは養生を行い、施工箇所以外を汚さないよう下塗り(シーラー)を塗布していきます。
シーラー塗布写真
下塗り(シーラー)がしっかり乾いたのを確認し、今度は中塗り→上塗りと施工していきます。

中塗り写真
上塗り完了写真

無事施工完了です(^^)/ 他の部分に、漏水が出ないことを願い、今日は終了したいと思います。m(__)m

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績のある当社までご連絡下さい。

横浜戸塚区 K様邸 現地調査

こんにちは。池田です。
本日は横浜市戸塚区のK様邸の破風板塗装およびベランダの床(縞板鋼板デッキ)の塗装の現地調査にお伺い致しました。
神奈川県内、横浜(戸塚区)に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商を、お声掛けくださって誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

最近では良く「相見積もりになりますけど、よろしいでしょうか。」とおっしゃられるお施主様が多い気がします。出来る限り『安くて良いものを』は当たり前のことなのでお気になさらないで下さい。私としてはお客様が相見積もりを行って頂くことが業界内の活性にも繋がっているので、とても嬉しいです。
また弊社は横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績がございます。工事内容や品質には自信がございますので安心して「無料相見積もり」にてご相談ください。
画像2
写真では見にくいですが、破風板から塗膜が剥がれており、花が咲いたようになっていました。これは確かに早急に対処が必要かもしれません。
早速、御見積もりを作成いたしまして、再度ご訪問させて頂く運びになりました。
弊社では、お見積り・診断は無料です。1級塗装技能士・樹脂注入技能士・1級建築施工管理技士のトリプル国家資格を持った者が責任をもって対応させて頂きますので是非ご相談ください。また相見積もりも大歓迎です。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。

安全衛生・環境大会

こんにちは。部長の熊木です。

今回は神奈川県横須賀市に本社のある改修会社様の安全大会に出席してまいりました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

会場
会場

建設業における全国安全週間が7月1日より1週間が控えているため、それに先立って各企業は6月の頭に安全大会を開いて、今一度安全の意味を考え、再認識をしていこうという趣旨にて行われました。
建設業は大変危険な業種で昔は全業種中の死傷者の割合が4割以上、死亡者は1000人に迫るという状況でした。
しかし、今ではこういった安全大会などにより一人ひとりが安全意識が高くなってきたのか死傷者の割合は全体の1~2割の間くらい、死亡者300人超と減少傾向にあります。(それでもやはり高い数字ですね。)
なかなかこういった事故や災害のことはどこかで、または自分たちが起こしたときくらいしか考えることは普段はないので、こういった安全大会などはいい機会なので改めて私たちは危険な作業に従事している。だから、人一倍安全には気を付けて行かねばならないと、意識が上がります。
どうしても自分たちだけでは気づかない部分があるのでこういった大規模な安全大会に出席させて頂けることは感謝でいっぱいです。
会場
安全大会が終わったら会場を変えて懇親会が行われました。ビュッフェスタイルにて日ごろお世話になっている方々とお話をさせて頂き、おいしい料理をいただかせて頂けることは感謝でいっぱいです!英気を養ってまた明日から頑張ろうと思いました。…お腹一杯に英気を貯めさせて頂きました。
ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい

横浜市鶴見区 お寺外壁塗装工事

こんにちは。部長の熊木です。

今回の物件は神奈川県横浜市鶴見区にあるお寺の改修工事の手伝いとして仕事をしてきました。
この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
正確には当社が請けた工事ではなく他の塗装業者さんが請け負っている工事ですが、工事担当者様が工期に間に合わないと判断され、当社に協力をご依頼された形になります。
既存
工事は私共が現場に到着した頃には最後の手直しを行う段階でした。色の塗り分けを養生によりテープで線だしを行っているのですが、どうしても滲みが出てしまいきれいに線がでない箇所があるのですが、そこの部分の手直しのお手伝いをさせて頂きました。
手直し
作業自体は非常に単純で”滲みの箇所を探す→刷毛でダメ込み”これの繰り返しです。
延々と黙々と続けていきます。
完了
3時間ほどこの作業を繰り返して終了となりました。場所が境内に入る門の壁であったため、多くの人の目が留まるため、誰がみてもピッと線が通った綺麗な塗り分けをするにはなかなか骨の折れる作業でした。

下地がリシンという小さな石の入った塗料が塗られているため、塗る箇所が凸凹しているのでそこを如何にうまく色分けを行うのかは職人の腕の見せ所ともいえるでしょう。

建物をみるときそういったところに注目してみるとまた違った目線で楽しめるかと思います。ふと思い出したら建物の塗り分けされている場所を見てみるとそこを塗った職人の腕と管理している人のもつプライドなどが見え隠れしています。
以上部長の熊木でした。お疲れ様です。

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績のある池田興商までご連絡下さい。