横浜市瀬谷区 擁壁改修工事

こんばんわ 社員の羽切です。

今日は外構の外壁塗装(パターン付け:模様付け)を行いました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

弊社では、まず初めに下塗り(シーラー)塗装を行い、硬質系の模様付け用塗料で凸凹模様を付けていきます。

この模様付けの時使ってはいけない塗料が【微弾性サーフェーサー】です。

時々、塀などで塗装が膨れているお宅を見たことはありませんか?

このように塗膜の膨れが起きてしまう原因は主に模様付け塗料に【微弾性】を選択してしまうことが多いです。
では、なぜ使ってはいけないのか?(゚∀゚)?気になりますよね
それは塀や擁壁などのコンクリートを弾性塗膜で密閉してしまい地中より吸い上げた湿気を逃がせなくなり塗膜の付着が弱い部分に密集してしまうからです(*_*)
名前に【弾性】と付くからには完全硬化した後も塗膜の柔軟性が高いです!
柔軟性=伸びると言うことですね (笑)
すると塗膜が破れることなくコンクリートとの間にどんどん湿気が溜まっていきます。
これが塗膜が膨れるメカニズムです(=゚ω゚

塀や擁壁の防水性(内部に水分がはいらないこと)を考えずに微弾性を選定するような業者は信用してはいけません。

弊社『池田興商』では、塗料の性質や塗装する物の材質等を熟知している従業員を揃えておりますのご安心を!!

安心と信頼を塗り重ねていく池田興商に是非ご依頼を(*’▽’)

長くなりましたがここまでお読み頂きありがとうございました。