横浜市戸塚区 Mビル大規模修繕工事

こんにちは。代表の池田です。
昨年の夏に横浜市戸塚区M様よりテナントビルの外壁塗装をお願いしたいとお話を頂き、諸事情があり、昨年は施工には至らず、この度無事に着工致しました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
新しくテナントに、お店がご出店されるとのことで、新たに看板を設置される前に、設置部分の隠れてしまう外壁を先に塗装工事を行うことになりました。
今回は外壁(施工箇所)にひび割れが、かなりあったので弾性エポキシ樹脂の注入を行いました。

外壁塗装

弊社では、国家資格でもある樹脂注入技能士の資格を持つ施工者にて施工いたしますので安心ですよ。ひび割れの補修は是非池田興商にお任せください。

今回は足場もなく新規テナント様の内部工事の関係にて高圧水洗浄にて外壁の洗浄が出来なかったので、手洗いにて外壁の洗浄を致しました。

上の写真にて、手についている茶色のものは、既存塗装面が劣化し、色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって顕われる状態で、塗替えサインとよく言います。

こんな感じで、ブラシを使いながら、擦り洗いと拭き取りを行っていきます。洗った所と洗ってないところで色が違います。外壁の黒っぽくなっているところが洗浄後部分です。
このチョーキングを除去してあげなければ、塗料が、しっかりと付着せず。剥がれの原因につながります。

拭き取りを行った布巾を絞ったものです。どれだけチョーキングの粉状のものが外壁に付着していたのか分かります。

洗浄も終わり、ようやく塗装作業です。外壁に下塗り(シーラー)塗装を行い、上塗りを2回行い、施工完了です。