横浜市鶴見区 床塗装工事 

こんにちは。部長の熊木です。
本日は神奈川県横浜市鶴見区にある某コンビニの倉庫の床を塗装してまいりました。
神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

素地調整
素地調整完了

まずは、床のゴミやモルタルのカス等塗る面に付いている余計なものを掃除したり、削ったりしていきます。

養生剥がし

新規で床の施工を行っているので土間屋さんが排水マスに養生をしてからモルタルを塗っているので、養生の撤去を行います。
“養生させているのならそのまま塗って最後に剥がせばいいんじゃないか“と思われるかたもいらっしゃると思いますが、土間屋さんの養生はあくまでもモルタルがマスに付かないための養生であって私どもはモルタルを塗るための養生を行わなくてはなりません。

例えば塗料を塗った後に、土間屋さんの養生を取ると養生の上にくっ付いていたモルタルと塗料が剥がれます。そうするとモルタルの断面が出てきてしまい、塗装されていないモルタル面が数ミクロン程度ですが出てきてしまいます。
あまり目立ちはしませんがそのモルタルの断面まで塗装をかけなければせっかくの塗装もその断面から水が入って剥がれてきてしまうこともあります。特に排水マスですから基本的に水がよく溜まる場所であるため、より剥がれてくる可能性が高いといえます。

“養生がされてるから養生する手間が減ってよかったー“とか、”土間屋が忘れてったんだから俺には関係ないしそのまま塗ってしまおう“なんていうペンキ屋さんは少なからずいます。しかし塗料をなぜ塗るのか。どうしてこの塗料を選定しているのかを考えて仕事を行えば、土間屋さんの養生のまま塗装することは絶対にありえないことだとわかります。ここまで気が使えてこそ職人だと思っています。

下塗り
下塗り完了

中塗り

下地調整が終われば後は簡単な作業です。下塗り(プライマー)を塗って乾いたら中塗りを塗って乾いたら上塗りを塗っていくだけの流れ作業。実際気を使うことといえば塗料の配合比率と撹拌作業くらいですかね。養生と下地調整を完璧に行えば難しい作業はほとんどありません。

上塗り
完了

もしあげるとすれば上塗りを養生廻りからローラー1本分くらい先に塗っておいて適した時間で養生を剥がすくらいですね。

塗って完全に乾いた後に養生を剥がすとガムテープに付いてきた塗料がパラパラと剥がれ落ちて塗装面の床に落ちることがあります。そうすると落ちたゴミをとってまた、タッチアップが必要になってしまうので注意が必要です。また、全然乾いていないときに剥がすとせっかく養生して綺麗な線が出ているのに塗った塗料が染み込んできたりしてしまうのでこれもよくはありません。

それでも養生を剥がすタイミングなどはそう誤る職人は少ないと思います。なぜなら直接仕上がり感につながってくるため失敗したら最悪はやり直したりすることになるからです。

最後の養生剥がしは誰がみてもわかる失敗なのです。
逆に今日私が最初の頃に行った、土間屋さんの養生を剥がすといったことは一見、やらなくてもよいような行為ですが、とても重要なことであるといった認識の違い一つでやる人とやらない人に分かれるものです。
今回はこんな言葉で締めたいと思います。

“失敗と認識されない失敗は非常に怖いもの”

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持ち、横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績のある池田興商までご連絡下さい。