防水工事

こんな症状が出たら塗り替えサイン

塗り替えの必要性

外に晒されている屋根や外壁は、雨・風・紫外線などの外的ダメージが蓄積すると必然的に劣化してしまいます。これらを防ぐためにも、しっかり防水工事を施しておきましょう。

塗り替え時期の診断

屋外の場合、塗膜の外観から劣化度合いを判断するには、一般的に光沢が消える→白亜化(チョーキング現象)→割れ発生→剥離と進行していきます。この現象の白亜化~わずかに割れの発生する段階が塗り替えに最も適切と判断してよい時期です。光沢が消えてきて美観が悪くなってきたからすぐに塗り替えとか、塗膜が剥がれてしまったから塗り替えようとすればコスト面と建物の耐久年数の保護の釣り合いが悪くなります。あくまで自然経過での目安なのでそのほかにもいろいろな要因での塗り替え判断は必要になってきます。そのほかの要因も何点かご紹介していきます。

剥離・浮き

剥離・浮き

経年により樹脂の結合力が低下し、下地と塗膜の接着力が弱まることで起こる現象。また、過去に塗替えを行った場合、新築塗膜の劣化が進行しているとそこから剥離・浮きが発生するケースもあったり、内部からの漏水により起こるケースも少なくありません。

変色・色落ち・汚れ

変色・色落ち・汚れ

雨、紫外線、熱、風により、塗装面に劣化が起こり、塗料の本来の機能が低下し、更なる劣化へと進んでしまいます。立地条件にもよりますが、耐候性の高い塗料を塗る事をお薦めします。

カビ・コケ

カビ・コケ

立地条件により左右され、日が当たらない湿度の高い場所では、カビが繁殖し、光が届く場所では藻やコケが繁殖することもあります。不快感であったり、美観も損なわれる他、防水効果の低下にも影響を及ぼします。薬剤を使って除去しても除去しきれなかったり、かえって傷めてしまったり、跡が残ってしまう事もあります。防カビ゙効果の高い塗料で塗り替える事をお薦めします。

トップコートの摩耗

トップコートの摩耗

床に塗装されているもので歩行や運搬路ではどんなに強い塗料を使っていても磨り減ってしまうものです。

施工から完了までの流れ

防水塗装の基本工程は、次に示す通り「下地調整」「下塗り」「防水材」「TOPコート」の各工程からなってます。

下地調整

高圧洗浄1
高圧洗浄2

高圧水洗浄を初めに行います。コケやヨゴレが残らないように丁寧にあらっていきます。既存塗膜に膨れがみられたら周りの活膜ごと切り離します。下地調整は床に不陸があると水が溜まってしまうので調整をします。

下塗り

下地シーラー1
下地シーラー2

下塗りには専用プライマーをひきます。防水塗装は建築塗装とは違い材料を流し込んでたっぷりと塗っていきます。

防水材

タスペーサー挿入1
タスペーサー挿入2

防水材は弾性に優れていてゴム系がよく使われています。この層が防水で大事なところでたっぷりと塗りこみます。また材料は2液性、3液性があり、配合して使用しますが、とてもシビアな材料で配合比率が違ったり、かくはん不足で硬化不良を起こす不具合も聞かれます。昔ながらの職人の感覚ではこういった自体に陥りやすいのでデジタル秤りや攪拌機を用いて極力不具合の可能性を取り除いています。

TOPコート

中塗り1
中塗り2

防水層は紫外線などに弱く耐候性が低いのでトップコートで保護します。また、砂を入れたりして滑り止めの効果を与えたりします。

どんな塗料を使うの?

塗膜防水工事

ウレタンゴム系防水塗装

一般的にウレタン防水と言われる工事です。ウレタンは暑さ寒さに強いため幅広い場所で使われています。

また応用が効きやすく他の防水工事と合わせて使われることがあります。下地との追従性がいいので歩行や運動などが行われる場所に適しています。

アクリルゴム系防水塗装

アクリルゴム系防水塗装材の主成分は高級アクリル酸エステルであり、その名のとおり下地に塗布するとアクリルゴムのような高い伸び性能によって防水層を形成します。雨・風に当たる屋根や外壁に多く利用されます。

FRP系防水層

防水層が非常に軽量かつ頑丈で、熱や自然環境の変化に強い特徴があります。多く利用されているのは、自動車や屋根材、バスタブなど様々です。ガラスマットなどの補強材に液状ポリエステル樹脂を組み合わせて防水層を構成します。硬化速度が速いので施工完了が迅速です。ただし、下地に対する追従性に欠けます。

アスファルト防水

熱工法

防水用アスファルトを現場で釜を使用して加熱、溶融する溶融されたアスファルトは、防水シートを貼った後、短時間で硬化し、防水層としての機能を発揮します。日本で昔から行われているもっとも信頼性の高い防水工法です。

トーチ工法

防水シートをトーチバーナーで炙りながら溶着していく工法です。繋ぎ部分は熱溶着により完全に一体化するので水密性の高い防水層を造れます。

常温工法(自着工法、冷工法)

溶融釜を使わず常温で付着させる方法です。自着工法や冷工法とも呼ばれます。熱を使う場合に発生していた煙や悪臭問題が抑えられるので、人や地球環境にやさしい防水施工となっています。それだけでなく、施工する側としても施工中の火災の発生源をなくしたり中毒症状を起こさないという安全性が保たれます。ただし、冬は気温が低いので、粘着層が接着しにくくなったり材料が凍結したりするなどの問題があるので注意が必要です。

シーリング工事

熱工法

主に使われている材料です。シリコンとの大きな違いが変性シリコーンの上には塗料が乗ることです。

シリコンの方が対年性に優れているのですが塗料が乗らないので変性シリコーンの方が多く使われています。

ポリウレタン系

変性シリコーンと同じく塗料が乗ります。モジュラス(反発力)が変性シリコーンよりも低いのでコーキングの伸びが良いです。耐候性があまりよくないのですが仕上げ材(塗料)の選択を最適にしておけば耐候性のフォローはできます。

お問い合わせ・お見積フォームへ