外壁塗装

こんな症状が出たら塗り替えサイン

塗り替えの必要性

塗膜は年月が経つごとに劣化し、何らかの欠陥を起こして美観・保護の機能を失います。塗替えによって欠陥を未然に防ぎ美観・保護の機能が失われる前に再生させましょう。

塗り替え時期の診断

屋外の場合、塗膜の外観から劣化度合いを判断するには、一般的に光沢が消える→白亜化(チョーキング現象)→割れ発生→剥離と進行していきます。この現象の白亜化~わずかに割れの発生する段階が塗り替えに最も適切と判断してよい時期です。光沢が消えてきて美観が悪くなってきたからすぐに塗り替えとか、塗膜が剥がれてしまったから塗り替えようとすればコスト面と建物の耐久年数の保護の釣り合いが悪くなります。あくまで自然経過での目安なのでそのほかにもいろいろな要因での塗り替え判断は必要になってきます。そのほかの要因も何点かご紹介していきます。

目地のひび割れ・剥れ

目地のひび割れ・剥れ

目地にシーリング材が使用されているサイディング壁は、10年を過ぎてきますと、目地部にひび割れ・剥れが目立ち始めます。紫外線や雨、風、熱により、樹脂が収縮と膨張を繰り返し、次第に弾力性が失われていくのです。 こうした防水機能のない目地は、内部に雨を浸入させてしまうので補修が必要です。 右の写真は、サイディングの挙動によりシーリング材が破断した例です。

変色・色落ち・汚れ

変色・色落ち・汚れ

雨、紫外線、熱、風により、塗装面に劣化が起こり、塗料の本来の機能が低下し、更なる劣化へと進んでしまいます。立地条件にもよりますが、耐候性の高い塗料を塗る事をお薦めします。

カビ・コケ

カビ・コケ

立地条件により左右され、日が当たらない湿度の高い場所では、カビが繁殖し、光が届く場所では藻やコケが繁殖することもあります。不快感であったり、美観も損なわれる他、防水効果の低下にも影響を及ぼします。薬剤を使って除去しても除去しきれなかったり、かえって壁を傷めてしまったり、跡が残ってしまう事もあります。防カビ効果の高い塗料で塗り替える事をお薦めします。

施工から完了までの流れ

外壁塗装の基本工程は、「高圧洗浄」「養生下地処理」「下塗り・中塗り」「上塗り・仕上げ」の各工程からなってます。

高圧洗浄

高圧洗浄1
高圧洗浄2

高圧洗浄を行います。壁だけではなく隅々まで丁寧に長年溜まった汚れをお掃除します。なかなか掃除のできないハメ殺しの窓やトップライトなど足場の掛かった今しかできないようなところなども一緒に洗浄していきます。ここを適当にしてしまうと、塗装工程に入っても、密着不良などの不具合が起きてしまうのです。

養生下地処理

養生下地処理1
養生下地処理2

塗らない箇所(窓や床)などをビニールシートなどで覆う行為を養生といいます。養生工程で手を抜くと窓や床などに塗料が飛んで美観の著しい低下となります。養生をすることで工事中窓を開けられないなどのご迷惑をおかけしますが大切な工程ですのでご理解をお願いしております。下地処理の工程というのは、一番手間が掛かるところになります。塗る作業に比べ、剥がすという作業はおよそ2~3倍近く手間が掛かるのです。この工程で手抜きをされてしまうと、メーカーのいう耐久年数はまったく意味がなくなります。池田興商はすべての工程の細かな所までこだわり丁寧な仕事をします。

下塗り・中塗り

下塗り・中塗り1
下塗り・中塗り2

下塗りを行います。下塗りには下地(状況や材質)に合った塗料かつ上塗りに合う塗料を選定します。下塗りの次は中塗りにはいります。中塗りの材料は基本的には上塗りと同様の材料が使われます。中塗りの役割は耐候性を高めることと美観の向上です。

上塗り・仕上げ

上塗り・仕上げ1
上塗り・仕上げ2

中塗りと同じ材料でなぜもう一度塗るのか、中塗りだけだと下塗り塗膜の隠蔽が不十分になる恐れがあり、また二度塗ることで色、艶がより一層増します。色がしっかりついているように見えても下の塗膜の色が多少入ってしまうことがありますので同色または近似濃色でぬりこんでいきます。

外壁タイル薬品洗い

上塗り・仕上げ1
上塗り・仕上げ2

タイル目地やタイルの表面にこびりついた汚れの除去、高圧の水洗浄でも落としきれない黒ずみや水垢、サビ汁を薬品で落としていきます。塗膜の外観から劣化度合いを判断するには、一般的に「光沢が消える」→「雨だれが目立つ」→「排気ガス汚れがこびりつく」です。順序はなく、何かしら美観が削がれてくれば適切と判断して良い時期です。

どんな塗料を使うの?

下塗材

下塗りの役割は下地の吸い込みを止めて表面状態を均一にして仕上がり性を高めるためと、大きく分けると下塗り材には浸透型で下地を固くして密着させるものと下地と上塗り材との密着性を高めるシール型があります。 その他にも万能型やシミ止めなどの付加効果を持つもの、特殊塗料(遮熱塗料など)の効果を高めるものなどがあります。下地の状態や上塗り材で適合する下塗材を決めていきます。

上塗り塗料

役割は美観の向上と建物の劣化を防ぐ耐候性です。値段の幅は付加効果以外で大きく作用するのが樹脂の違いです。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素と後になるにつれて耐候性、耐久年数が上がりますが高価になります。

外壁洗い用薬品

スタンダードなもので弱酸性の洗剤です。建物のあごの部分に付着しているヨゴレや雨だれサビ・シミなど広い用途で使用します。弱酸性のものでは植物などに悪影響を与えることがあります。そういった場合は微弱酸性成分の環境配備のタイプを使用します。さらに薬品成分の作用で汚れの再付着を減少させます。

お問い合わせ・お見積フォームへ