木部塗装

こんな症状が出たら塗り替えサイン

塗り替えの必要性

雨風にさらされる度に塗膜の寿命が縮まっていきます。木部は特に、きちんと塗装が施されていないと素材が腐敗していく原因になりますので、こまめに塗り替えていきましょう。

塗り替え時期の診断

導入するお宅が増えているウッドデッキや、木製の破風においては、外部環境直下にあるものですので、しばしばメンテナンスが必要になります。外壁などに比べて劣化スピードが速いので、相乗して建物全体の劣化も進んでしまいます。木部を守るためにも、素材が腐敗する前に塗装を繰り返し行いましょう。ただし、劣化する進行度は場所によって異なりますので、メンテナンスのサイクルもそれぞれ異なります。既存の塗膜が剥がれている状態であったり、目に見えてひび割れが発見できるようであれば業者に依頼してみましょう。横浜の外壁塗装業者であれば、横浜エリアを中心に対応することが可能です。

ひび割れ

ひび割れ

気候の変化による、乾燥収縮と膨張により塗膜がひび割れする現象(ヘアークラック)で、早急性はありませんが、切れ目から雨水が入り込み、大きなひび割れへと悪化し、建物自体に劣化を及ぼします。適時の補修が大切です。内部から生じたひび割れは早期の補修が必要です。

剥離・浮き

剥離・浮き

経年により樹脂の結合力が低下し、下地と塗膜の接着力が弱まることで起こる現象。また、過去に塗替えを行った場合、新築塗膜の劣化が進行しているとそこから剥離・浮きが発生するケースもあったり、内部からの漏水により起こるケースも少なくありません。

ジョイントのひび割れ・剥れ

ジョイントのひび割れ・剥れ

外壁と同じでシーリング材が使用されていると、紫外線や雨、風、熱により、樹脂が収縮と膨張を繰り返し、しだいに弾力性が失われていくのです。 こうして防水機能のない状態となれば、内部に雨を浸入させてしまうので、補修が必要です。

変色・色落ち・汚れ

変色・色落ち・汚れ

一番初めに出てきやすい劣化です。劣化度合いは低いです。雨、紫外線、熱、風により、塗装面に劣化が起こり、塗料の本来の機能が低下し、更なる劣化へと進んでしまいます。

施工から完了までの流れ

木部塗装の基本工程は、「下地調整」「下塗り」「中塗り」「上塗り」の各工程からなります。

下地調整

下地調整1
下地調整2

高圧水洗浄を行いホコリとある程度の劣化塗膜を剥がします。その後研磨工具を使用して活膜以外を剥がしていきます。また、活膜も表面を傷つけることで下塗りの密着性を高めます。

下塗り

下塗り1
下塗り2

木部の下塗りには素地が傷んできていれば膜厚の付く木部用下塗り材を使用します。下塗り材には木部の吸い込みを止め色ムラをなくす効果と肉厚を付けることで傷みを隠し、それ以上の傷みの進行を防ぎます。

中塗り

中塗り1
中塗り2

外壁塗装同様、中塗りでは耐候性を高める効果と肉持ち感を与える効果があります。

上塗り

上塗り1
上塗り2

中塗りで得た効果を一層高めることと、下塗り材の隠蔽が目的となります。下塗りに使われる材料は基本的には耐候性が高くありませんので必ず上塗り材で隠蔽しなければ予想以上に早い劣化を起こしていきます。

木部のアク洗い

木部のアク洗い

どんな塗料を使うの?

木部用下塗り材

外部の木部(破風板など)は特に耐久性が低く塗料の剥がれなどが多く見られます。

木はそれ自体が呼吸して収縮・膨張を繰り返すので塗膜をどんどん劣化させていきます。そのため下塗り材には肉持ちの良い強固な材料を使わせてもらっています。

浸透型着色保護材(新規木部の外部)

外部の木は塗膜を形成すると他の部材(鉄・サイディングなど)に比べて耐久性が低く塗膜が割れて剥がれ落ちてきたりします。そのため浸透型の着色で美観を保ち肉感はないので同じく耐久性がないのですが、塗膜が剥がれて汚らしくなりません。こまめに塗り重ねていくことで木は長持ちしていきます。

クリヤー塗装(新規木部の内部)

木本来の美しさを保つのに透明な塗料を塗ります。何も塗装をしないと手垢がついたりヨゴレがついて汚らしくなってしまうことを防ぎます。

オイルステイン(新規木部の内部)

クリヤー塗装を行う前に木目が見えるように希釈した塗料を染み込ませます。この方法は他の既製の色に合わせたり、安価な木を高級木材に見せる目的で行います。

お問い合わせ・お見積フォームへ