防水工事が必要な場所

長年住んでいる家は、塗装の劣化や雨漏りなど様々なトラブルが発生してしまいますが、その中でも雨漏りなどの水トラブルは、普段の生活にも影響が出てしまいます。水トラブルが発生する主な原因は、屋根や外壁、ベランダなどの劣化ですので、劣化に気づいた際は、できるだけ早く業者に防水工事を依頼しましょう。

屋根

屋根の塗装が様々な影響を受けて劣化し、剥がれ落ちてしまうと雨漏りの原因になります。屋根は家を雨、風、紫外線など、様々な影響から守っているため、家の中で一番劣化が早い場所といっても過言ではありません。

普段の生活で屋根の状態を確認することはほとんどないので、気づいたときには劣化が進行していることもあります。屋根の点検には危険が伴いますので、定期的に業者へ依頼して点検を行うと良いでしょう。

外壁

家の漏水と聞くと、原因は屋根の劣化と思う方が多いでしょう。しかし、外壁の劣化が影響して起こる漏水も非常に多いのです。

近年は窓枠にアルミサッシなどを使用することが多くなり、窓から雨水が浸入することが少なくなったため、ひさしがついている家が減りました。

ひさしが取りつけられていないと、外壁が雨の影響を受けやすくなるので、シーリング材の劣化やひび割れなどから雨水が入り、漏水に繋がります。

ベランダやバルコニー

ベランダやバルコニーは、外壁や屋根と同様に紫外線、雨、風などの影響を受けます。洗濯物を干すとき頻繁に使用する場所ですが、意外と劣化を見落としてしまう方が多いです。

ベランダの劣化を放置しておくと下地に雨水が入り、水トラブルの原因になります。屋根や外壁に比べ点検しやすい場所ですので、定期的に点検を行いましょう。

雨漏りなどが原因で家の内部に水が浸入してしまうと、家の腐食の原因になってしまい、シミや悪臭といった症状に繋がる可能性があります。異変を感じた際は業者に依頼して、できるだけ早く対応しましょう。

他にもこんな悩みを抱えていませんか?