外壁塗装を長持ちさせるには?

外壁塗装は、建物の外観を美しくするだけでなく、寿命を延ばす役割もあります。しかし、塗装は塗り方を誤ったり、手入れを怠ったりすると予想よりも早く劣化することもあるので注意しましょう。外壁塗装を長持ちさせるコツには、プロだからできること、自身でできることで様々あります。

プロだからできること

重ね塗りを行う

外壁塗装を長持ちさせるコツのひとつが、重ね塗りを行うことです。一般的に外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3回を行います。重ね塗りを行うことで、耐久力が増し、外壁塗装を長持ちさせることができます。

塗料は耐久性の高いものを選ぶ

塗料は遮熱塗料など実に様々な種類が存在しており、その中からより耐久性の高い塗料を選ぶことで、長持ちさせることができます。その際、壁材の種類に適した塗料を選ぶことが大切です。どんなに耐久性が高い塗料であっても、壁材に適していなければ、長持ちはしません。

自身でできること

水洗いを行う

水洗いはお手入れの基本なので、ぜひ行うことをおすすめします。方法としては、まず壁に水をかけ、柔らかいブラシなどを用いて、泥や埃を落とします。

中々落ちにくい汚れの場合は、ぬるま湯に中性洗剤を溶かしてブラシで洗い落しましょう。その際の注意点として、仕上げに水洗いを行い洗剤の成分が壁に残らないようにすることが大切です。

定期的に植え込みを刈る

植え込みの近くにある壁は、湿気がこもりカビなどが生えることもあるので、定期的に植え込みを刈るようにしましょう。また、植え込みをこまめに刈るだけでなく、外壁近くに極力物を置かないようにして、風通しをよくすることも大切です。

他にもこんな悩みを抱えていませんか?