外壁を塗装するメリット

外壁や屋根などは、雨や風、直射日光などによって大きなダメージを受けています。ダメージを受けた外壁や屋根を放置すると、サビやひび割れが発生し、しまいには建物自体が傷みます。外壁や屋根のダメージに気づいたら、塗装を行いましょう。塗装することで得られるメリットは以下の通りです。

外壁塗装が必要な建物の状態

外壁塗装は塗料の種類にもよりますが、対応年数は約5~10年といわれています。しかし、雨や風、直射日光などにより、外壁の色が落ちて褪せてきます。表面に知り粉のようなもの(チョーキング)が付いてしまいます。

それらを放置すると状態が進行し、ひび割れを起こしたり、コケが生えたりしてきて、塗装が剥がれてしまいます。そして最終的には建物自体が傷んでしまうおそれがあります。そうならないようにするためにも、対応年数を意識しながら、適した時期と建物の状態を見て塗装を行なうことをおすすめします。

外壁塗装のメリット

美装面

外壁は一年中紫外線や雨風、砂ボコリなどの影響を受けます。また、海の近くなど立地環境によっては塩害を受けてしまうこともあります。そうなってしまうとチョーキングやクラック、藻やカビが発生してしまい建物が傷んでしまう可能性があります。

全て外壁の美観を損ねる問題ばかりですので、チョーキングやクラックが目立ってきたら、外壁塗装を行いましょう。

機能面

外壁塗装で使用される塗料には、いろいろな種類があります。フッ素系塗料なら耐久性を高めることができ、雨風や直射日光から家を守ることができます。他にも、外壁を傷みから守る防水性を高め、雨漏りなどを防ぎます。

また塗料には、断熱効果があるタイプもあります。断熱効果のある塗料を施すことで、冬は暖気を閉じ込めて室内を暖かく保ち、夏は冷房から出た冷気が漏れるのを防げますので、年中快適に過ごすことができます。

付加価値面

塗料には、防水・防錆・防カビ・防虫・抗菌などの機能があります。つまりこの塗装は、塗膜により家を保護することはもちろんのこと、プラスアルファの働きがあるのです。また最近では、塗料の改良が進んで省エネで地球に優しい塗料も開発されています。様々な機能のある塗料を用いることで、建物の付加価値を高めることにも繋がります。

外壁塗装を行うことで、建物そのものが長持ちします。また、耐久性が上がるだけではなく、他にも様々な効果があるので、建物の対応年数や建物の状態を見ながら、外壁塗装を行いましょう。

他にもこんな悩みを抱えていませんか?