外壁の塗装と屋根の塗装は同時がおすすめ

外壁や屋根は様々な天災から家を守る重要な部分ですので、定期的に塗装を施す方もいらっしゃるでしょう。その際、外壁と屋根の塗装を別々に行う方もいらっしゃるかもしれませんが、同時に行った方がおすすめです。

塗装のバランスが保てる

外壁と屋根の塗装をそれぞれ別の時期に行ってしまうと、劣化の進み具合などによって塗装のバランスが崩れる可能性があります。

その点、外壁と屋根の塗装を同時に行うことで、塗装のバランスを保てる上に、どちらか片方の塗装をし忘れることもなくなります。外壁や屋根は人の目に最も多く触れるところなので、美しいバランスを保つようにすることが大切です。

足場代の節約ができる

高い場所を塗装する場合、足場を設置する必要があります。そのため、別々に塗装を依頼してしまうと、足場を2回設置しなければならないので、その分余計に足場代がかかってしまいます。

意外に思う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、足場の費用は結構かかるものですので、できることなら設置する回数を減らすことをおすすめします。

また、外壁と屋根の塗装に使用する塗料が同じ場合は、無駄を減らすことができるため、塗装費用を節約できる可能性もあります。

新築のような見た目を取り戻せる

長年家に住んでいると、見た目の劣化に悩まされる方もいらっしゃるでしょう。そのような場合、外壁と屋根を同時に塗り直すことで、外観を新築同然の美しさに戻すことができます。家の見た目が美しくなれば、すっきりとした気持ちで過ごすことができるでしょう。

他にもこんな悩みを抱えていませんか?