遮熱塗料と断熱塗料

住宅を快適空間に変えてくれる塗料として、「遮熱塗料」と「断熱塗料」が注目を集めています。遮熱塗料と断熱塗料はどちらも「塗る断熱材」と言われており、高い性能を発揮します。遮熱塗料と断熱塗料は一見似ていますが、その特徴や耐用年数などは異なります。

遮熱塗料

遮熱塗料はシリコン塗装に上乗せした程度で施工できるので、断熱塗料に比べると低価格です。耐用年数は約10~20年で、太陽光を反射して跳ね返すことで、室内の温度を下げてくれています。そのため、遮熱塗料は夏に快適な空間を実現することができます。

遮熱塗料がより効果を発揮する条件は、断熱材が入っていないこと、屋根が鉄板であること、鉄板屋根から熱気が直接室内に入ってくることです。一般塗料の場合、夏場の室内温度は約40度になりますが、遮熱塗料の場合は約31度になり大幅に室内温度を下げることができます。室内環境が良くなることは、労働環境が改善されるので仕事の効率もアップします。

断熱塗料

断熱塗料の耐用年数は約15~20年で、太陽光の熱を遮断し室内温度の上昇を抑えて、室内の温かさを逃すことがありません。そのため、断熱塗料は、夏は涼しく冬は温かいという一年中快適な空間を作ってくれます。

断熱塗料は省エネ・節電によりCO2削減が可能で、ヒートアイランド現象抑制にも役立っています。断熱塗料は一般塗料や遮熱塗料に比べると価格はやや高めになりますが、性能は上をいくのでグレードの高い塗料と言えます。断熱塗料は自治体によっては、補助制度があるので施工の際は利用するといいでしょう。

これらの塗料は深刻化している地球温暖化に対応するために考案されました。遮熱塗料や断熱塗料を施し電気の使用量が減れば、温暖化を抑制することにつながります。地球温暖化の防止・ヒートアイランド現象抑制を考えるのであれば、積極的に遮熱塗料と断熱塗料を取り入れることをおすすめいたします。

他にもこんな悩みを抱えていませんか?