塗り替えのタイミングについて

家は竣工した時点から老化が始まり、年数が経つごとに屋根や外壁の劣化は進みます。劣化を防ぐには、定期的な塗り替えが欠かせません。家の美観や耐久性維持に役立つ塗装は、適切なタイミングで施すことで、家を長持ちさせられます。塗り替えのタイミングは、築年数や劣化サインで判断するといいでしょう。

築年数で判断

塗り替えは10年サイクルと言われています。それは雨や風、紫外線などの影響が現れるのが、一般的に10年目になるためです。

あくまでも全体的な目安になるので、しっかりとメンテナンスを施すなら、素材別に合わせた塗り替えをおすすめいたします。外壁の吹きつけは約6~10年、サイディング・ALCパネル・スレートは約10年、カラートタンは約5~8年、木部・鉄部は約3年が目安です。

また、紫外線のよく当たる南側や直射日光の当たりづらい北側など、同じ建物であっても劣化の進行度が異なりますので、築年数だけでなく定期的に目で見てチェックすることも大切です。

劣化サインで判断

劣化サインが現れているのに塗り替えをしなかった場合、劣化が重症化することが考えられます。軽度の内に劣化を見つけられれば、家の寿命を伸ばすことができます。

外壁の場合光沢の低下や反りによる隙間などが劣化のサインです。また、塗膜の浮き、外壁基材の露出は重度な劣化です。早めに対処してください。

屋根の場合は赤サビや釘の浮き、コケによる変色などが挙げられます。木部の場合は表面のツヤや色味が消え始めたら、鉄部の場合はポツポツと錆が発生し始めたら「初期サイン」です。これらのサインを見逃さずに、早めに塗装を行いましょう。

他にもこんな悩みを抱えていませんか?