屋根塗装

こんな症状が出たら塗り替えサイン

塗り替えの必要性

屋根は家屋の中で一番雨に濡れますし、紫外線を浴びたり風が吹いたりすれば、年月をかけて徐々に劣化していくでしょう。定期的に雨漏りなどの現状の確認・点検が必要です。

塗り替え時期の診断

屋根は基本的に10年ほどで塗り替えるといわれています。しかし、実際に使われている塗料がどれくらいもつのか、もしくは建物自体の傷み具合を考慮して決めることがほとんどです。

屋根は見にくい部分なので、見てとれることも難しいのです。しかし、近隣や高い建物が周囲にあれば見えるので、たまに意識して見ることをおすすめします。

目安のひとつとして、光沢や色の違いが挙げられます。目に見えてわかりやすいのは色のくすみです。日に焼けて色が薄くなってきます。また、塗りたての頃は艶や光沢がありましたが、当時の輝きが残っていないと感じたら塗り替えましょう。なお、カビが生えていたり汚れが蓄積している場合も、劣化を促進する原因となっている恐れがあります。必ず確認しましょう。

ひび割れ

ひび割れ

白亜化後に起こる劣化。初期段階の細かなひびが入る位が塗替えに適した時期といえます。気候の変化による、乾燥収縮と膨張により塗膜がひび割れする現象(ヘアークラック)で、早急性はありませんが、切れ目から雨水が入り込み、大きなひび割れへと悪化し、建物自体に劣化を及ぼします。適時の補修が大切です。内部から生じたひび割れは早期の補修が必要です。

雨押さえの釘が抜ける

雨押さえの釘が抜ける

コロニアル屋根の登頂部には鉄製の雨押させを木部に打ち付けて抑えています。屋根はとても温度変化が大きいので鉄と木の収縮率の違いで釘が抜けてきます。

カビ・コケ

カビ・コケ

大概の屋根は北面が日陰になりやすく、コケの生えやすい環境になってしまいます。コケが生えることで塗料面だけでなくコロニアル下地まで根を生やしていることが多いので防水効果も低下しますますコケが生えてくる環境を形成します。

施工から完了までの流れ

屋根塗装の基本工程は、「高圧洗浄」「下地シーラー」「タスペーサー挿入」「中塗り」「上塗り」の各工程からなってます。

高圧洗浄

高圧洗浄1
高圧洗浄2

まず最初に、高圧洗浄を行っていきます。

屋根にはコケ・カビなどが大量に発生している場合が多い為、すべて高圧洗浄で除去していきます。 一般的に屋根の場合、勾配があり、コケやホコリなどが濡れると非常に滑りやすくなっているので、 足元にも注意し、周りへの飛散にも気を配りながら施工していきます。

下地シーラー

下地シーラー1
下地シーラー2

下塗りに使われる材料は劣化したコロニアル屋根の下地強化のために浸透型シーラーを使います。コケや強い紫外線により屋根の下地はかなり脆弱になっていることが多いです。

タスペーサー挿入

タスペーサー挿入1
タスペーサー挿入2

下塗り完了後、水の侵入を防ぐため、コロニアルの重なり部分にタスペーサーといわれるプラスチック製の部材を挿入する。タスペーサーを入れることで隙間を広げ毛細管現象で水が侵入することを防ぎます。

中塗り

中塗り1
中塗り2

下塗りが完了したら、中塗り工程に入ります。

中塗りは耐候性、防藻性に優れた材料を使います。屋根は建物の外部では一番の厳しい天候条件の箇所です。塗料も天候状況に合わされて作られているので必ず屋根の専用か特殊塗料を用いましょう。

上塗り

上塗り1
上塗り2

中塗り材と同じ材料を塗布していきます。耐候性、美観を高めます。

池田興商の安心ケアサービス

池田興商の安心ケアサービス

コロニアル屋根の登頂部には鉄製の雨押させを木部に打ち付けて抑えています。屋根はとても温度変化が大きいので鉄と木の収縮率の違いで釘が抜けてきます。そんな釘も見逃さず、きちんと補修いたします。

どんな塗料を使うの?

屋根は天候条件が厳しいことと建物の中の温度にも影響を与えます。そのため屋根材には遮熱塗料が近年急増しています。

ウレタン樹脂/シリコン樹脂(上塗り塗装)

一般的に、屋根には壁など以上の耐候性が求められます。その為ただのアクリル樹脂塗料を塗ることは現在ではとても稀です。耐候性の強いウレタン・シリコン・フッソ樹脂なかでもコストパフォーマンスのよいシリコンが主流となっています。水性と油性がありますが油性の方が同程度の値段では耐候性が強いため、塗替えの際ほとんどが油性を選択します。しかし下地の状態により油性では不具合が発生する場合に水性で塗ることがあります。

主な商品名:[油性]屋根フレッシュ/ヤネフレッシュSi [水性]水系カスタムシリコン/水系シリコン

遮熱塗料(特殊塗装)

普通物体は受けた熱を反射・吸収をします。それにより屋根が吸収した熱は建物を通して室内の温度を上昇させます。そこで反射率を高めることで熱を吸収させず断熱性を高めます。また、最近の塗料では反射材のセラミックを小さくして反射表面積を多くして熱を分散させて排出する塗料もでてきています。

主な商品名:シャネロック/クールタイト/アドグリーン/ガイナ

断熱塗料(特殊塗装)

前記した遮熱塗料は熱を反射するのに対して、断熱は熱を通さない・逃がさないものとなります。夏は外の温度を通さず涼しく、冬は中の熱を逃がさず暖かい。まさに理想の塗料です。しかし今現在で断熱効果をうたっている材料はここ数年で出てきたものばかりで実験耐候性テストでは結果が出でいますが、実際に住宅に塗装をした際の効果の継続性や塗り替え目安の期間がどれくらいなのか対費効果がどの程度出てくるのかまだわかっていません。

主な商品名:ガイナ/アドグリーン/ロハスコート

お問い合わせ・お見積フォームへ