横浜市泉区 小学校 鉄部塗装工事

こんにちは。1級塗装技能士の羽切です

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

本日は横浜市泉区の小学校でシャッターボックスの塗装工事を行ってきました。

まずは埃やゴミの除去と既存塗膜の足付けを兼ねてケレンをして、既存のアイボリー色に合わせて防錆型上塗り塗料の調色を行い塗布していきます。

色もいい感じに合ったところで全体を2回塗りして施工完了です。


ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

東京都大田区 耐火塗装講習会(日本ペイント・関西ペイント・大日本塗料)

こんにちは社員の羽切です

この度は数あるブログから神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者である池田興商をご覧いただき、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

本日も引き続き東京都大田区にある関西ペイントの東京事業所にて耐火塗装の講習会に出席してきました。

今日は午前中に実技を行い、午後から昨日に引き続き学科の講義のあと最後に筆記テストを受けて無事講義終了となりました。

やはり幾つになっても机に向かって勉強すると言うのは好きになれませんね(笑)
とは言っても講義はまじめに受けてきたので合格しているとは思いますが…
合格発表まで数日掛かるとの事だったので合否が判るまでは内心ドキドキで過ごします(;´∀`)

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

東京都大田区 耐火塗装講習会(日本ペイント・関西ペイント・大日本塗料)

こんにちは社員の羽切です

この度は数あるブログから神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者である池田興商をご覧いただき、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

本日は東京都大田区にある関西ペイントの東京事業所にて日本塗装工業会が行っている耐火塗装の講習会に出席してきました。

講習内容としては【施工管理】・【積算】を学んできました。
【施工管理】とは主に塗膜厚や工程の管理で【積算】とは文字通り施工平米数に基づいての材料の使用量の計算方法などを教えて頂きました。

明日も引き続き講習会を受けた後、修了認定が貰えるかどうかのテストがあるのでこれから学生時代を思い出しながら予習・復習を行いたいと思います:;(∩´﹏`∩);:

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 駐輪場区画ライン塗装工事 

こんにちは。1級塗装技能士の羽切です。
本日は横浜市戸塚区に外壁塗装および屋根塗装をさせて頂いておりますMビルのオーナー様所有の近くの駐輪場の区画ライン塗装が剥げていたので、ラインおよびナンバーの再塗装をさせて頂きました。
この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

さて、本日は非常に暑かったですね(;´∀`

そんな中日影が全く無い駐輪場で絶え間ない汗と格闘しながら(笑)区画ラインと番号を専用塗料を使って施工を行いました。


本日に全ては終わらなかったので、明日引き続き作業を行っていきます。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

耐火塗装【藤沢市 某工場 増築工事】

こんにちは社員の羽切です。
本日は藤沢市にて、工場の増築工事現場にて施工を行ってきました。

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます

さて、本日の作業内容は通常の塗装工事とは異なる特殊塗装である【耐火塗装】を行いました。

この【耐火塗装】とは火災が発生した際、火災の熱で塗膜が数十倍に発泡して断熱層を形成して被塗物の崩壊を防ぐこと、遅らせることが出来る塗装です。

専門的な知識と施工管理能力が必要なため、施工できる業者はかなり少ない難しい工事です。

施工は吹付となるため上記の写真の機材(圧送機)を用いて吹付けて行きます。

均一かつ規定塗膜厚を吹付けなければいけない為、腕と経験がありメーカーからの認定も受けている工事部長に施工をお願いしました。

さすが部長(*^^)とても綺麗です。
耐火塗料を規定膜厚にするために、何度も同じ塗料を吹き付けなくてはなりません。さらに一度に大量に吹き付けてしまいますと、塗膜に不良がおこるため、今回は耐火層一層目を吹き終了です(´▽`)

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市鶴見区 某会社様宅 内部階段塗装工事

こんにちは社員の羽切です
本日も引き続き横浜市鶴見区の運送会社様の社宅ビルにて、内部階段の鉄部塗装工事を行いました。

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

さて、先日鉄骨階段の錆止め塗料の塗布まで行ったので、本日はいよいよ仕上げ塗装を行いたいと思います。

今回は既存の塗膜に合わせたチョコレート色を使用しました。
同色で中塗り→上塗りと2回塗装を行い作業完了です(*^^)v

お客様からも「綺麗になった」とのお言葉を頂けたのでこれで無事施工完了ですm(__)m

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市鶴見区 某会社様社宅 内部階段塗装工事

こんにちは。1級塗装技能士の羽切です。
本日は横浜市鶴見区の運送会社様の社宅ビルにて、内部階段の塗装工事に着工してきました。

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。


全体的に埃やゴミ等が付着し、所々既存塗膜が剥がれ錆が発生してしまっている箇所が見受けられます。恐らく剥がれの原因は前回の塗装工事の際、下地調整・下塗りをキチンと行っていなかったのではないかなと思われます。塗装工事は、表面の仕上がりも重要ですが、下地調整と言われる素地を正常の状況にすること、下塗りも非常に重要であり、この部分が、しっかりしていませんと上塗りをフッ素樹脂等、高機能塗料を使用しても持ちません。

なので、まずは手工具や研磨紙を使って古い塗膜と錆をしっかりと除去していきます。

古い塗膜と錆を完全に除去し終わったところで今度は錆止めを塗布していきます。

本日の作業は錆止めの塗布まで行い、次回中塗り・上塗りと施工し綺麗に仕上げて行きたいと思います。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 Mビル 外部塗装工事

こんにちは。1級塗装技能士の羽切です

本日も引き続き横浜市戸塚区にて施工させて頂いております外壁・屋根・その他鉄部等の塗替え工事の内の鉄部塗装と屋根塗装を行いました。

この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

今回はこちらの瓦型鋼板屋根と花壇の塗装を行いました。
まず瓦型鋼板屋根ですが、金属板を成型した上に塩ビ化粧シートを張り付けたものでしたので、専用のプライマーを塗布していきます。このタイプの屋根は、塩ビ製なので可塑剤があり、通常の下塗り材では塗装することは出来ないので注意が必要です。

塩ビ鋼板瓦屋根と同時進行で花壇にも錆止めを塗布していきます。

本日の作業はここまでとなってしまったので後日引き続き作業を書きたいと思います。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、当社までご連絡下さい。

横浜市西区 日本ペイント外壁塗装・塗替えリフォームセミナー

こんにちは。池田です。
本日は横浜市西区の貸し会議室にて、日本の中では最大手の一つの塗料メーカー日本ペイントさんの外壁塗装・塗替えリフォームセミナー(勉強会)に参加してきました。
神奈川県内、横浜(戸塚区)に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者のHPから池田興商をご覧くださり、ありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

今回は、実際に日本ペイントさんに来た施工不良などのクレームを実際の写真を交えて、見てきました。
事例をあげますと、今の時期ですと、外壁のリシン面の塗替えで起きやすい細かなフクレです。

これは、ザラザラで凹凸がある旧塗膜を塗装する際に、発生する「置換発泡」と言われている現象です。凹凸がある旧塗膜面で下塗り塗装が凹面に入り込まず下地が完全に覆われないと、凹面などに微細な巣穴が発生します。この巣穴に空気がたまってしまい、その状態で上塗りを塗布してしまい、この上塗り塗料が塗膜化されると、空気の逃げ場がなくなり膨張し、塗膜の膨れが発生することでおこります。この現象の、嫌なところは冬場に異常がなくても、気温が高くなる春から夏にかけて表面化してくることがあることです。この場合は「蓄熱膨れ」と言います。また淡彩色より熱の影響を受けやすい濃彩色の方が発生しやすいです。コンクリートやモルタル以外にも、劣化が進んだカラーベスト(屋根材に多く使われているコロニアルとも言われています)や劣化が進んでいる窯業サイディングでも巣穴やピンポールが出来ており同様の現象が発生することがあります。
予防策や対策としましては、

①下塗り材の希釈率を上げて塗装し、特に凹面には、微細な巣穴がなくなるくらい塗料をよくいきわたせるよう塗布する。
②上塗りは、旧塗膜と同じ塗料や、同様の意匠性のある塗材で塗装する。
③水性塗料を使用する。
④無泡ローラーを使用する。

こういった施工管理および実際の施工を行うことが、重要になります。
弊社では、国家資格である施工管理のプロフェッショナルの1級建築施工管理技士・施工のプロフェッショナル1級塗装技能士持った者が責任をもって工事を行わせて頂きますので安心してご相談ください。
また弊社は横浜市建築局より優良塗装業としても表彰実績がございます。工事内容や品質には自信がございますので是非とも弊社にご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・遮熱塗装・断熱塗装をお任せください。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業40年以上の歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。

横浜市戸塚区 Mビル 外部塗装工事1 

こんにちは。1級塗装技能士の羽切です。
本日は横浜市戸塚区にて外壁・屋根・その他鉄部等の塗替え工事のご依頼を頂き、その内の外壁の一部の施工を行いました。
この度は神奈川県内、横浜に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商をお選び頂き、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

今回の物件ですが、数年を経ての塗替え工事だったので外壁の塗膜が白亜化(チョーキング)を起していて手で触ると粉状に劣化した塗膜が付着します。
この白亜化(チョーキング)が起きていたら塗替えのタイミングです(^o^)/
外壁に数か所のクラック(ひび割れ)が発生していたので塗装を行う前に補修していきます。

経年劣化でクラックが発生するのは仕方がないのですが、放っておくとクラックの中に水が入り、外壁の状態が悪化しますので早めに補修を行うことを、おすすめします。

さて、補修も終わったところで今度は下塗り(シーラー)塗装を行います。


ビルのテナント様より「今日はなるべく塗料の臭気を出さないで欲しい」とのご要望が有りましたので中塗りまでの施工となりました。

次ページへ »